道東の魅力(阿寒旅行編):釧路からのアクセス方法、ホテル、観光スポット(ロストカムイ、アイヌコタン、マリモ展示観察センター)、グルメ

こんにちわ!才谷(@Saitani_UK)です。

釧路、根室の後は阿寒に旅立ちました!

ここがアイヌ文化に興味をもったきっかけとなった場所です。

目次

釧路空港から阿寒への公共交通機関でのアクセス

釧路空港から阿寒への公共交通でのアクセスは、バスかタクシーしかありません。

釧路空港が阿寒湖と釧路駅の間にあるため、釧路と阿寒湖の両方に行かれる方は、まず阿寒湖に向かうとトータルの移動時間を少し減らすことができると思います。

注意点として、バスの出発時間は、飛行機の到着時間に合わせて計画されている反面、一本逃すとかなり待たないと次のバスが来ません。(下記より、釧路空港から阿寒へのバスの運行情報がご覧いただけます)

釧路・阿寒湖観光地域の観光情報サ...
阿寒エアポートライナー 詳しくは投稿をご覧ください。

釧路駅から阿寒湖に行かれる場合は、釧路空港を経由しないバスもいくつかあるので、そちらはジョルダン等を確認してみてください。

ホテル

阿寒湖へは、母が夜に「ロストカムイ」を観たいと言っていたため、阿寒湖周辺でお高めのホテルを調べました。

ロストカムイについては後ほど記載してます。

あかん遊久の里 鶴雅

母を連れてきていたため、「少しいいホテル」をと思い、前回来た際に外観がかなり素敵だった「あかん遊久の里 鶴雅」をまずは調べました。

ホテル内には、阿寒湖が見渡せる露天風呂朝・夜ビュッフェ形式の食事がついていたりと、外観以外もかなり素晴らしいホテルなようです。

しかし、1泊3万円!近くしたので、初の親孝行といえど、予算オーバーでした。。。(またいつか。。。)

Booking.com
★★★★★ あかん遊久の里 鶴雅 , 阿寒湖畔, 日本 あかん遊久の里 鶴雅は阿寒湖の湖畔に位置し、美しい温泉、様々なショップやレストラン、広々とした畳敷きの和室のお部屋を提供しています。 あかん遊久の里...

ホテル御前水

次に調べたのが「ホテル御前水」

外観、内装は若干古かったですが、夜ごはんの量と質に満足でき、お風呂も景色は見えませんでしたが、気持ちよかったです。

Booking.com
★★★★ ホテル御前水, 阿寒湖畔, 日本 阿寒湖畔にあるホテル御前水では、湖または山の素晴らしい景色を望む和室、天然温泉、無料Wi-Fiを提供しています。 客室は和室で、布団、専用バスルーム、テレビ、冷蔵庫、...

観光地

ロストカムイ

今回の阿寒湖畔に訪れた目的でもある「ロストカムイ」

ロストカムイ自体は、何年か前から始まっているようで、現在のロストカムイはリニュアル版らしいです(アイヌコタンの方からの情報)。

現在のロストカムイは、演出を女優の夏木マリさんが担当されているそうで、アイヌコタンの方々も誇らしそうでした。

ストーリは、アイヌの言葉で狼の神を意味する「ホロケウカムイ」のお話で、デジタルアートと融合した舞台で、男性二人がキレのあるダンスで狼を表現しています。

劇の中では、アイヌの民族舞踊、民謡、アイヌの文化、信仰を少し知ることができます

チケットは当日劇場やアイヌコタンにあるお店でも買えます。(チケットのデザインがかっこいい。。。)

ロストカムイのチケット

より詳しく知りたい方は、下記の公式サイトをご覧ください。

あわせて読みたい
阿寒ユーカラ「ロストカムイ」| 阿寒湖アイヌシアター〈イコㇿ〉 アイヌの古式舞踊、現代舞踊、3DCG、7.1chサラウンドが融合した舞台、阿寒ユーカラ「ロストカムイ」。阿寒の森をシアターに再現し、アイヌとエゾオオカミの共生を描く。

アイヌコタン

続いて紹介するのが、「アイヌコタン」です。

アイヌコタンとは、アイヌ語でアイヌの村を意味し、現在でもアイヌと縁(ゆかり)のある方々が住んでいます

私は「菜の花の沖」という司馬遼太郎の歴史小説で、アイヌのことを初めて知り、「会ってみたい」、願わくば「お酒を飲み交わしたい」と思っていたので、アイヌの方々に実際に会った時は感動してしまいました。

小説上では、アイヌの方はお酒が好きと記載があるので、いつかお酒を飲み交わすのが私の一つの夢です。

菜の花が沖が気になる方は、下記を参考に本屋さん等で探してみてください。

アイヌコタンには、レストランが2~3件ありますが、基本は木彫りのお土産が多いです。

前回は一人で来た際は、日帰りで来たので知りませんでしたが、夜になるとアイヌコタン内で、火を灯すイベントがありました。

このイベントは公共交通で移動する場合、阿寒に泊まらなければ見れません。

アイヌコタン入口
アイヌコタン
コロボックルの銅像

マリモ展示観察センター

次に紹介するのが「マリモ展示観察センター」です。

「マリモ展示観察センター」は、船でしかアクセスできません

遊覧船の運行時間がこちらから確認できます。

あわせて読みたい

ちなみに、遊覧船を逃してしまった場合は、お金はかかりますが個人(1人でも2名分料金が必要)で「モーターボート」を手配することも可能です。(母と私は逃しました(笑))

遊覧船はいくつかコースがあり、コースによって出発時間、所要時間が異なります。モーターボートの場合は、適宜交渉でした。

遊覧船およびモーターボートは下に示す場所でチケットの購入、船への乗車が可能です。

グルメ

阿寒地方でおすすめのグルメは、ワカサギひめますアイヌ料理のようです。

阿寒湖では冬にワカサギ釣りができるほど、ワカサギが有名です。

アイヌ料理は、「アイヌ料理の店 ポロンノ」という有名なお店がアイヌコタンにありますが、私は人が多かったので断念。

代わりに横にある「丸木舟」で、「野生丼(鹿肉を行者ニンニクで炒めたもの)」を注文しました。

ホールを若い男性と女性が担当されていたんですが、とても謙虚な接客をされていて、見ていてとても応援したくなりました。

ちなみに、この「丸木舟」さんはホテル業も運営されていますので、アイヌコタンに泊まってみたい方は下記から予約できるようです。

屈斜路湖物語 丸木舟
屈斜路湖で創作アイヌ料理と掛け流し温泉が楽しめるホテル アイヌ人オーナーが手がける屈斜路湖を望むコタンの湯宿・丸木舟。世界唯一の豪華なアイヌルームや、創作アイヌ料理フルコースなど、現代に生きるアイヌ文化を体験できます...
野生丼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの才谷です。
国内外の旅行(バックパッカー)、英語学習、留学、海外就職について記載しています。現在は国際機関への就職を目指しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次